確認する力 相手のことを理解する 5つの秘訣 その5後半 #57

こんにちは、松岡千里です。
前回の続きですね。
相手を理解するための秘訣の5回目の
「確認する」後半です

仕事以外で確認するっていうと、

いろいろ人によってあるかもしれませんが、

私の場合は夫のことが思い浮かびます。


夫の事となると、

仕事とは少し違う感じがするかもしれません。

夫に聞いても答えが返ってこなかったり、

意味不明の返信が返ってくると、

もういいかな・めんどくさいって

思って確認しなかったりします。(笑)

これでは良くないですよね。
でも、私は仕事の時以上に夫の言動で、

彼がどんな状態かがわかるんです。

関係性が深くて近いからです。

良い状態なのか悪い状態なのか

(機嫌がいいのか、悪いのか)が

わかってしまい、

私は悪い状態のことばかり目にいってしまい、

ネガティブなことを思い浮かべてしまうのです。

そうなると、めんどくさいと思ってしまうんでしょうね。

こんな奥様は多いのではないですか?(笑)

しかし、夫婦関係の中でも、

会話や言動から確認したり、

直接お尋ねして確認するということは基本同じです。


そして私は、

2人の関係の中で

直接話ができて、確認できる割合が多い方が

いいなぁと思っています。

予測して分かる範囲より話して理解できる範囲は俄然広がっていくのです。

先日のこと。

夫が歯の治療をしていて、

硬いものを食べることを気にしてました。

朝食で少し硬めのパンしかなくて、

どうしようかな?

と思ってました。

急いでご飯を炊いても遅いと思われるし、

コンビニに買ってきても

朝からこんなものって言われそうだし、

フレンチトーストにしたら

柔らかくなるからどうだろう

と思ったのですが、

以前カフェで私が食べてるのを見て

あんまり好きそうではなかったし、

などあれこれ考えてました。

しかし、ここは聞いてみようと思い、
「このパン少し硬いから、フレンチトーストにしたら柔らかくなるから、そうしようと思うけど、どう?」

って聞いてみました。

すると、あっさり
「いいよ!」
っていう返事。
出来上がったフレンチトーストを美味しそうに完食していました。
「柔らかくて、噛みやすくて、すごくおいしかった」
と言われました。
前に嫌がっていたのはなんだったんだ、とも思いながら(笑)、
決めつけたらいけないなー
話してみないとわからないなぁー

って改めて思いました。


こんなやりとりがあった日は

2人とも調子良く1日を過ごせましたよ!


夫婦関係では、

当たり前すぎる、日常のやりとりが増え、

予測して察することで

確認するってことを当たり前のようにやってしまいますが、

自分も思い込みがどんどん増えていき、

相手の考え気持ちの変化も

見逃してしまう側面もあります。


尋ねて、聞いて、会話するって大事です。


関係性が深くて近いと、

難しくなるともいえるので、

会話の多い、夫婦関係は素敵だなぁと思ってます。


さて、

「相手のことを理解する 5つの秘訣」

を5つ書きました。

このことは、今週から始まる「秘書の力」の中でも

お話ししていく予定です。


11月25日(木)からです。

間に合いますので

よかったら、ご参加ください!

0コメント

  • 1000 / 1000