伝えるということ 〜その1〜 #43

こんにちは、松岡千里です。
花咲ライフやビジョン心理学で使われる、言葉や考え方について、書いていきたいと思います。


初めにお知らせをさせてください。

来週、花咲ライフ入門講座「フラワリング」[無料]

を開催しますので、よかったらご参加ください。

詳しくはこちらから


私はよくパートナーに「だから言ったのに!」

と思うことがよくあります。

つまりなかなか私の考えや伝達事項、

想いが伝わらないってことです。


先日もそんなことがあって、

今回は「伝える」ということを書いてみたいと思います。


日常的に私たちはいつも何かを伝えたり、

伝えられたりしていますよね。

起こったことを伝えて喜んだり注意喚起したりすることもあれば、

何かを依頼・お願いすることもあります。

伝えることで人を喜ばせたり、自分が嬉しくなったり、

時にはその逆で、不機嫌になったりも誤解が生じることもありますよね。


私も秘書時代、「伝える」ことで

いっぱい失敗も嬉しいことも経験しました。

秘書という仕事は関係する人に必要な情報を

正確に俊敏に伝えることが求められます。

秘密厳守などもあり、

誰に何を、どんなタイミングで、伝えいくのか?

ということは、とても気配りして行っていかないといけないことでした。

伝えすぎても、伝えなさすぎても私が思っている真意が

伝わらないことになってしまいます。


また、相手側の(伝えたことを)

聞く姿勢やタイミングにも大きく影響があります。


こちらがAということを伝えたいと思っても、

相手は真逆のBと理解することもありました。(笑)

どうしたらそんな風に伝わったの?と笑うしかない感じでした。(笑)


本当に「伝える」って簡単なことではないのですが、

私の経験からいくつかわかったこともあります。


一つ目伝わらないときの多くは、

私自身が伝えたい内容を理解していない時なのです。

おそらく相手も伝わりにくい感じだったのではないかと思います。

自信のない感じは見抜かれるんです。


二つ目相手のことをどこまで私が理解できているのか?

ということも大きな影響がありました。

どんな性格で、どんな立場でとかはもちろんなのですが、

今日の体調や伝えようとしている時の状態まで

理解できているのかはとても重要です。

私が伝えたいことを聞ける状態でない時に

(たとえば他のことに集中していたり、実務でバタバタしているなど)

伝えてもなかなか伝わるはずありません。

タイミングがあります。


その他にも、もちろん、話すスピードや言葉遣い、礼儀など基本的なことも大切ですよ。


これらのことに気づき、

内容についてもっと理解したり、

伝えたい人のその時の状態を考慮することで、

仕事では「伝える」ことができるようになりました。


しかし、ここまでは仕事では通用していた「伝える」という話なのですが、

もっと身近なパートナーや家族となると

もう一つも二つもハードルが高くなります(笑)。


それは次のブログで書きたいと思います。


0コメント

  • 1000 / 1000